FC2ブログ
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

晴

Author:晴
2013年2月、結婚を機に30年暮らした栃木県から横浜市へ。
2013年10月、バンコク生活がスタート。
2014年10月、日本に帰国しました。
2015年2月、長男出産。

カメラとカフェ巡りが趣味。

わたしの備忘録。
育児のことなど、日々の生活を気ままにつづります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄旅行 その2

2015.07.26 16:00|沖縄のこと
DSC_8547.jpg

沖縄旅行のつづきを。

沖縄へは3泊4日で行ったのですが、
1日目は移動でほとんど終わり。
2日目はメーンイベント!の結婚式。
ということで、観光に時間をかけられるのは3日目だけでした。
4日目も空港への移動で時間を取られてしまいましたし。

宿泊したホテル日航アリビラにはアクティビティも充実していたので、
子どもが大きくなれば、ホテル内でもいろいろ楽しめたかもしれませんね~

息子くんは、とりあえずホテルでプールデビューを果たしました!

DSC_8556.jpg

アリビラのプールは、写真1枚目のような子ども用のすごーーく浅いプールもありました。
(あの状態でお尻がほとんどついています)
上の写真↑のプールは深いので…抱っこして入ってみました。

反応は・・・あまりありませんでしたね(笑)
「にやり」とした写真が数枚撮れた程度でした。
それでも記念になったのでよし!!

話を戻しまして。
3日目の観光を振り返りたいと思います。

わたし自身も初!沖縄でしたので。
有名どころの「美ら海水族館」に行ってみることにしました。

DSC_8984.jpg

いやーー暑かった暑かった。。。
駐車場から移動するだけで汗だく。
外でもいろいろ楽しめるらしいですが…周遊することなく水族館へ。

入場チケットを買う場所の近くに授乳室があったので利用しました。
お湯など一式そろっていたかな。割と広めでした。
あと、館内途中にもありました。こちらは使わなかったので、詳細分かりませんが…
ご参考までに!

準備万端!お腹いっぱいの息子くん、ごきげんだったせいもあってか、
予想以上に水槽の魚たちをよーく見ていました。
水槽が明るいからひきつけられるだけ?!笑

DSC_8979.jpg

じーーーっと見る。という感じですけれどね。
いい刺激にはなったのかな。

DSC_8963.jpg

お決まりのジンベイザメとの記念写真も無事撮れて、満足満足!

このあとは、ランチタイム!
一緒に行動していた弟夫婦が見つけたピザ屋さんに行くことにしました。

「え、こんなところにレストランなんてあるの?!」と思ってしまうほど、
細い山道を登り、ナビの案内が終了しても着かず、不安に思っていたら…
満車の駐車場が!!!びっくり。

DSC_9017.jpg

「花人逢」(かじんほう)さんというお店です。
すごく混んでいて、30分くらい待ったかなー。
テレビとかでも取り上げられていて人気店なんだそうです。

しかも驚いたことに、ここのお店、食事メニューはピザ1種類のみ!!!
(あ、サラダもありました。デザートやドリンクもあります)
それでもこれだけ人が集まるんだもんね。すごいなー。

DSC_8988.jpg

にんにく(だと思う)が効いた素朴なピザでした。
とてもおいしかったので、飽きずに食べられましたよ!

DSC_8990.jpg

赤ちゃん連れだと言ったら、バウンサーを用意してくださいました。
テラス席もあったけれど、店内席は靴を脱いで上がる座敷だったので、それもよかった。

そしてこのお店、何と言っても眺めがいい!!!!

DSC_9013.jpg

山の上まで登ってきた甲斐があります。(車だけど 笑)
青い空に青い海が一望できます。
これも人気の理由のひとつかな~。思わず記念写真撮っちゃいましたから、わたしたち。

さて、おなかが満たされたところで、次の目的地へ。

なんか長くなってしまったので次回に続きます。

つづく。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。